PT WORKS & DESIGN

CONCEPT

ボロになっても愛おしいものをつくりたくて

「使って味が増す」「懐かしいのに新鮮」「WORK」「無国籍」
「ORGANIC」「ユニセックス」……
言葉にしたらたくさんある好きなcategory。
それが形になったものを作りたくてたどり着いたものがCANVAS。
そしてさらにそのCANVASを日本固有の柿渋で染めて、洗いをかけて……。
その色と質感、organic感は素晴らしく、その生地を普段使いしたいとの思いでBAGを作っています。
P.TWORKS&DESIGNのPとTはPersimmon Tannin(柿渋)の頭文字です。

帆船の帆、体育館のフロアシートなどにも使用される極厚の4号帆布を使用。
(POKAシリーズのみ薄手の11号 帆布)
柄のあるものについては、柄になる部分を防染する手法で
染まらなくしているので、白い柄部分は顔料ではなく、生地自体の元の色です。
使い込んだワークウエアのようなザックリとした風合いを出すために
洗いをかけたり柄をぼかしたりして、伝統的な柿渋染めとは逆行した仕上げですが
まるで革のような色と質感は他にはない味わいがあります。

お取り扱いについて

  • 柿渋染めは草木染めの一種です。色止め処理は施しておりますが、強くこすると色落ちする事があります。特に、鉄媒染した墨黒のものは最初のうち色落ちしやすいので、白い衣類などにつかないようお気をつけ下さい。使ううちにこすれた部分が色落ちするのも、味の一つです。
  • 時間の経過と共に少しずつ色味が濃く変化します。
  • お洗濯は革部分を避け、水で手洗いして下さい。(洗剤を使用すると化学反応で色味が変わる事があります。)